工夫して売り上げを伸ばす

チラシ

商売をしていると売り上げがどうしても付いて回ります。集客をすることが売り上げアップに繋がるのでたくさんチラシ印刷をして多くの人に見てもらいお店に着てもらいましょう。注目されるチラシ印刷が売り上げの鍵を握ります。

詳細を確認する...

イベントのお供に

カラー

フライヤー印刷はチラシとは異なるデザイン重視のポスターのようなものである。イベントに使用されるが、発注の際はイベントの規模を考えた枚数にすること。これからフライヤー印刷はより良いものを作り出すことができるようになる。紙の輸入や技術進歩によるコストの低下が予想できるためだ。

詳細を確認する...

直接手渡せる情報メディア

少数印刷が可能なチラシ

インク

フライヤー印刷は街で配っているフリーペーパーやチラシで使われています。 印刷物というと、何千枚単位の最低限のロットが設定されていたり、個人では価格が高くて手を出しにくいと言うイメージがあり、必要な時は自宅のパソコンとプリンターで印刷するという人も多いと思います。 しかし、通常の印刷物は高めですが、フライヤー印刷は低価格、少数ロットでも受け付けている印刷会社が多くあります。フライヤー印刷は大抵広告など、短期間で読まれ、次々新しいものが出て行き更新されるため、紙の丈夫さや印刷の質はそれほど求められていません。 そのため、紙質や印刷の品質を調整しているため価格が安く、少数ロットでも印刷が出来るところが多くなっています。

フライヤーやチラシの今後

本や雑誌など書物が売れなくなり、人々の情報源はネットに移っていると言われています。 ペーパーレスが進んでいる昨今ですが、まだテレビやネットにはない情報の発信性がフライヤーにはあります。新しい店がオープンしたら、駅前などでチラシを配る光景はよく見られます。テレビCMは高額で、ネットではそもそも広告に気をとめる人も少ないため、フライヤーのようには行きません。また、その土地の人にピンポイントで情報を発信できる力がフライヤーにはあります。 ネット広告に比べ、紙に印刷された情報は手間や金額をかけているため、ある程度信用される傾向にあります。 店のオープンや新情報発信にフライヤー印刷はまだしばらく使われていくでしょう。

新開発の紙

フライヤー

ストーンペーパーという鉱物を原料とした紙がある。これは耐水性、耐火性、耐久性に優れた素晴らしい新開発の紙だ。もちろん印刷にも使用されている。この紙は今まで普通の紙ができなかった、使えなかった用途に道を開くことができる。これからの発展は約束されたようなものだろう。

詳細を確認する...